2018年1月例会


いつまた、君と

2018年1月14日[日]
①10:30〜 ②13:10〜 ③15:50〜 ④18:30〜

徳島市シビックセンター ホール


不器用だけれど明るく生きる、
実在の夫婦と家族の姿を通して、
日本人のたくましさ、
誠実な生き方を描く、愛の実話。


81歳になった芦村朋子は、不慣れな手つきでパソコンにむかい、亡くなった夫・吾郎との思い出を手記として記録していた。しかし、朋子は突然病に倒れてしまう。

そんな朋子の代わりに、孫の理が『何日君再来』と題された祖母の手記をまとめていくことに。綴られていたのは今まで知ることのなかった、戦中・戦後の困難な時代を生きてきた祖母・朋子と祖父・吾郎の波乱の歴史と、深い絆で結ばれた夫婦と家族の愛の物語だった-。







2017年12月例会


セールスマン

2017年12月17日[日]
①10:30〜 ②13:10〜 ③15:50〜 ④18:30〜

徳島市シビックセンター ホール


“感情のスペクタル”へと誘う圧巻のクライマックス!日常が激変する心理サスペンス

教師エマッドとその妻ラナは、小さな劇団に所属し、俳優としても活動している。ある日、引っ越して間もない自宅でラナが侵入者に襲われてしまう。犯人を捕まえたい夫と、表沙汰にしたくない妻の感情はすれ違い始める。やがて犯人は前の住人だった女性と関係がある人物だとわかるが…その行く手には、彼らの人生をさらに揺るがす意外な真実が待ち受けていた──。








2017年11月例会


午後8時の訪問者

2017年11月19日[日]
①10:30〜 ②13:10〜 ③15:50〜 ④18:30〜

徳島市シビックセンター ホール


「あの時、応えていたら、何が違ったのか…」救えたかも知れない命を、見過ごしてしまった女医ジェニー。たどり着くのは意外な死の真相。

診療時間をとっくに過ぎた午後8時に鳴ったドアベルに若き女医ジェニーは応じなかった。その翌日、診療所近くで身元不明の少女の遺体が見つかる。それは診療所のモニターに収められた少女だった。少女は誰なのか? 何故死んでしまったのか? ドアベルを押して何を伝えようとしていたのか?あふれかえる疑問の中、ジェニーは亡くなる直前の少女の足取りを探るうちに危険に巻き込まれていく。彼女の名を知ろうと、必死で少女のかけらを集めるジェニーが見つけ出す意外な死の真相とは──。